ラフラフマージャンクラッシックルール

ゴンタウンあそぼう会 presents
音楽界マージャン最強位決定戦
【ラフラフマージャン】
CEO:低姿勢ウクレレゴンタ
こちらのラフラフマージャン開始当初をモチーフにした東南戦われめ麻雀ルールです
【ラフラフマージャン】
クラッシックルール
2017年3月18日更新

・一般的な【アリアリルール】を採用
(喰いタンあり、後付けあり、一発あり)
・【東南戦・テンパイ連チャン】
注※流局はノーテン親流れ
・飛び終了あり。
・抜け番決めの方法
開催当日の会場到着順に抜けるゲームの回(1ゲーム目を除く)を指定できる
参加人数によっては例外もあり。
・場所決めは「東・南・西・北」計4牌によるつかみどり。「東」を引いた人が好きな席に着席でき、そのゲームの起家。あとは南・西・北と順番に着席。
・【30,000点持ちの30,000点返し】
※各ゲームのプレーヤーには
1位+12.0、2位+ 4.0
3位△4.0、4位△12.0
・持ち点計算…【100点単位まで計算】
※(例:25,500点…△4.5/37,500点…+7.5/5,800点…△24.2/-2,500点…△32.5)
・最終南4局終了時に持ち点が同点となった場合は起家に近いプレーヤーが上位となる。
・オーラス流局の供託リーチ棒は【トップ取り】
・通常ドラは【1枚】めくり、ウラドラ【あり】(ともにネクスト)

<特別ルール”まさおさま”>
・山割りサイコロを振って、開門場所になった人が【われめ】。上がり時の得失点が2倍となる。
・山割りサイコロが【ゾロ目】になった場合【ドラ2枚めくり】、【全員がわれめ】の特別ルール「まさおさま」が発動!
※流局した場合は解消。

・赤ドラ牌【あり】
5マン・5ピン・5ソウ 各1枚
・流し満貫、十三不塔(シーサンプトウ)、人和(レンホウ)、オープンリーチ、われめ、そのほかのローカルルール【なし】
・数え役満(13ハン)【なし】三倍満打ち止め
・ダブル、トリプル役満【あり】
(国士無双13面待ち、四暗刻単騎、大四喜、九蓮宝燈9面待ち、役満の複合など)
・常時【1ハンしばり】
・王牌は常に【14枚残し】
・30符4ハンなどの切り上げ満貫【あり】
・カンドラはカンが発生した時点で【即ノリ】
・フリテンリーチ【あり】
・リーチ棒は1,000点、ただし…持ち点が1,000点未満の際にはリーチはかけられない。
・ツモ番のないリーチ【あり】
・リーチ後の見逃し【あり】(以後ツモあがりのみ有効)
・【ノーテン流局は親流れ】オールノーテンも流局
・オーラス(南4局)の親のテンパイ止め【なし】
・オーラス時の子あがり、親ノーテンでゲーム終了
・ロンは【頭ハネ】(3人ロンも常に頭ハネ)
・ダブロン、トリプルロン【なし】
・途中流局【なし】(九種九牌・四風連打・四人リーチ・四カン流れなど)
※5つめのカンはできないのと、四人リーチも流れません
・形式テンパイ【あり】(空テンでも可)
・ノーテン罰符は【場に3000点】
・積み棒は【300点】
・倒牌、ノーテンリーチはチョンボ扱いとなり、流局時に【3,000点オール】の支払い
※チョンボ発生時は…リーチ棒・積み棒は戻し、ノーゲーム扱い
・多牌、少牌、誤ロンはあがり放棄扱い
※誤ロンは倒牌してしまったらチョンボ。その場で3,000点オール払い
・誤鳴きは場に1,000点供託
・役満達成時には記念撮影を行います
・ラストゲーム宣言について
<例・19:00終了予定の場合>
18:00を回った時点で18:30までに進行中ゲームが…
終了した場合は…次回のゲームが最終ゲーム
終了しなかった場合は…進行中のゲームが最終ゲームとなる